検索!情報 いいじゃないですか?

いいじゃないですか!って言って貰えるような情報を公開しています!
<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
PR
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - | - |
現役女子大生の変わった出張サービス!
現役女子大生が出張サービス!派遣キャバを満喫

 「ウチはスレていない女性がたくさんいますから」  

客引きの甘い言葉にダマされて、今日もスレたキャバ嬢にダマされる。

「体の傷は癒せるけれど、心の痛手は癒せない♪」という沢田研二の歌詞のように、

スレた女たちに傷つけられた癒すことのできない心の痛手を日々負っている、

テキサスです。  

キャバ嬢の手馴れた営業トークに乗せられ、同伴までしてしまう。

スレていないコはどこにいるのか?  

諦めかけていたとき、

素人感たっぷりの現役女子大生と合コン感覚で飲めるサービスを発見!  

何でも、レストランやカラオケなど指定した場所に女子大生が

コンパニオンとして駆けつけてくれる出張キャバクラなんだとか。  

キャバ嬢よりも経験値の少ない、スレる直前の小娘たちなら、

日頃鍛えた大人の営業トークで口説けるはず。

そこで早速、現役女子大生派遣サービスを行う「飲みホス」を体験してみることにした。

 【大人な雰囲気の店に喜ぶ純情な女子大生】  

まず派遣サービスを受けるには、入会金1万円を支払い、

現役女子大生社長である松山佳代子さんの面談を受けなければならない。  

「素性のわからない人のところに女子大生を派遣するわけにはいきませんから、

最初に名刺をもらって身元確認をします」(松山さん)  

在籍人数は、サークル感覚で集まった有名女子大生50人。

銀座のホステスだった松山さんの男を見る目で判断し、

信頼できる人に彼女たちを派遣するというわけだ。  

「ノリ良し、器量良し、お喋り好きのコを揃えています。キャバ嬢のように、

プロっぽくなくスレてないコばかりですよ」(同)  

“スレていないコ”にダマされ続けてきたテキサスとしては、

社長の言葉に若干の不信感を持ちつつも、

「現役女子大生に会いたい」との思いを抑えきれず、実際に派遣してもらうことに。  

写真のように、松山社長自ら接客することもあるのだが、

現役女子大生とあってか、ほとんどが撮影NG。

派遣場所も都内で、家やホテルの一室などカギがかけられるプライベートな空間は不可で、

2人以上の派遣が条件という配慮されたシステムになっている。  

そこで、予約したのがカラオケ完備の恵比寿にある個室レストラン。

夜遊び仲間のライターTと店に入ると、

席で待っていたのは私立S大学4年生のKちゃんと、同大学3年生のFちゃんだ。  

店内の雰囲気に「いつも飲み会といったら安い居酒屋チェーンばかりだから、

こんな素敵なお店来たことないです」なんてウブな反応が何とも愛らしい。  

普段は、はなまるうどんを食べているという彼女。

これがスレてないということなんだな、と勝手に納得。>>>つづき見る



■「飲みホス」 女子大生50人が在籍。
都内なら2人以上で2時間以上からの派遣が可能。
入会金は1万円。
8日以上前の予約で1人60分4000円〜、
当日予約は60分6000円、指名料1050円、
延長は1時間単位で可能 TEL:03−5474−8216。
http://www.nomihosu.com/
--------------------------------------------------------------------------

女子大生の出張派遣サービス。

これも不況の賜なんでしょうか。それとも、新たなサービスとして定着するのか・・・?


「夜の街が盛り上がらないと、景気は恢復しない・・・」というのが私の定説です。

国は、財政の建て直しから税収のアップ(増税)を行いたい・・・

というのが本音だと思います。

でも、取ることばかりを考えるのは役人の発想です。


お金を使って貰って税収を上げた方が、

景気の恢復にも繋がるので、

もっとお金を使ってもらえる政策を行うべきです。


となれば、先ず、企業にお金を使ってもらうことです。

経費や接待費は、たくさん使わなかったらゼイキンで召し上げるようにすれば、

どの会社も一斉にお金を使うようになります。


そうすれば、家に真っすぐ帰らずに夜の街へ・・・となるので、

先ずは、夜の街を繁盛させることが最優先です。


鼻の下が長〜い政治家が大勢いるので、

その位の政策はサッとやっていただきたいものですね。










 

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.