検索!情報 いいじゃないですか?

いいじゃないですか!って言って貰えるような情報を公開しています!
<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
PR
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - | - |
笑顔のパワー
乳児の脳反応、笑顔は持続=怒った顔は一瞬で低下―中央大など

赤ちゃんが笑顔を見た時は脳の反応が緩やかに続くのに対し、

怒った顔では反応が急速に低下することが5日

中央大と生理学研究所(愛知県岡崎市)の共同研究で明らかになった。

また、笑顔は左側頭部、怒った顔は右側が主に反応するという違いも分かった。

研究成果は米科学誌ニューロイメージに掲載される。  

じっとしていられない赤ちゃんの場合、

機能的磁気共鳴画像診断装置(fMRI)による脳の活動の測定は困難なため、

研究チームは、頭部に当てた光の反射から脳血流の変化を

測定する近赤外分光法装置を採用。

表情認知にかかわるとされる左右側頭部の脳血流を調べた。  

6〜7カ月齢の乳児12人を対象に、

ベースとなる野菜の写真を10秒間見せた後、

見知らぬ女性の笑顔と怒った顔の写真をそれぞれ5秒間ずつ提示。

この結果、笑顔の場合は写真が消えた後も血流の増加がしばらく続いたが、

怒った顔では急速に低下した。  

左右を比較すると、笑顔は言語に関連するとされる左側頭部、

怒った顔は注意を何かに向けることと関連する右側頭部が主に反応していた。  

同研究所の仲渡江美研究員は

「怒った顔は危険を察知し、すぐ次の行動に移さなければならないので、

脳の別の部位に活動が移るのではないか。

笑顔の場合は、コミュニケーションを取ろうとする活動が

起きていると考えられる」としている。

------------------------------------------------------------------------------

乳児の時点で、怒った顔と笑った顔を瞬時に判断する

ヒトの脳が改めて凄いものだと思い知らされます。

“笑うことが体に良いこと”が、様々な研究で証明され、

健康や美容を追求する上でとても大切なことになっています。


笑うことが、自分だけでなく周囲の人にもいい影響を与えるのですから、

もっともっと大勢の人が笑えるような世の中にすることが

今、一番もとめられていることなのではないでしょうか。










 

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.